キャンプで雨に振られたら

50名まで宿泊と雨天時対応。・200名までのバーベキュー利用が可能です。

(カマド50あり。運動広場・東屋と周辺芝生・バンガロー・大型テント利用等)施設案内

キャンプを楽しみに準備されているでしょうか。しかし、その日が近づいてくる時になるのが天候です。ここは、山に近く天気が変わりやすいので、天気予報とは異なる天候になることがあります。

雨にふられたらどうしよう。ですが、それも楽しみの一つに変えられる方法をご紹介します。

川遊びするつもりの準備をすれば大丈夫

雨のための準備はそれほど多いものではありません。川遊びをするつもりなら、普通の持ち物で結構です。

  • 着替え
  • タオル
  • 長袖のシャツ…急に涼しくなったときのため
  • サンダル…キャンプの時も何かと便利

小雨の中のキャンプも楽しい

快晴の元でのキャンプも楽しいのですが、小雨が降る中でも楽しみを見つけてみてください。 

  • 川辺に行ってみましょう。カエルの鳴き声が聞こえませんか?
  • 森の木の葉にしずくがたまっています。水滴の中には何が見えるでしょう。
  • テントの中で雨音を聞いてみましょう。

雨天対応の設備・レンタル品

  • 東屋(10m×10m)が川上流沿いにあります。豪雨の場合、2張りのテントが設置できます。
  • 炊事場は、雨天でも使えるカマドがあります。
  • バンガローのデッキは屋根付き、タープつきなので、バーベキューコンロや焚火台でバーベキューが可能です。日中利用は2500円です。
  • 急な雨は、常設のテントやタープテントに避難していただいて結構です。ただし、有料利用者優先です。
  • 雨除けのタープテントは、1日1000円でレンタルできます。

ご注意ください

  • 川の上流で大雨が降った場合、川の水が急に増水することがあります。たとえ雨が降っていなくても、川の水が濁ってきた場合は、すぐにあがりましょう。
  • 豪雨・雷・強風予報時は入園禁止といたします。天候が急変した場合は、係員の指示に従うか、すぐに駐車場まで撤収してください。