2022年度から5年間、引き続き「森のこだまが」指定管理を行うことが決定しました。

 これからもよろしくお願いいたします。

合わせて道路向かいの五頭薬用植物園も管理いたします。
そちらも散策出来ます。どうぞご利用ください

森のこだま⇒  五頭薬用植物園⇒


 霊峰・五頭連峰の麓は自然・温泉に恵まれたゆったりできる地域です。

川沿いに広大な森が広がり、その半分にキャンプサイトがあります。

森全域に散策道がありますので、散策も楽しめます。(約30分コース) 

五頭登山に便利。五頭温泉郷も近くにあり、散策コースも多数あります。

自然・山を本当に感じたいシンプルキャンプ向けの場所です。
ここは山。電源が必要、荷物が多く広いスペースが必要なグランピングキャンプの方、オートキャンプ希望の方はご遠慮ください。荷物の運び入れは基本徒歩です。(お体等の事情は考慮しています。一輪車あり)


◆お知らせ◆

頭自然郷ツイッターに自然状況やお知らせを掲載


現在の予約対応(コロナ感染対策)
全国的にまだ蔓延しており、下記のような利用でお願いします。
●ソロ(一人)キャンプ。ご家族。カップル。
(判断に不明な場合はご相談ください)
●県外のご利用は可能です。
 ※今後も感染の状況により対応が変更になる場合があります。

 ※予約受付後も、状況によりキャンセルをお願いする場合があります

  

2022年度より変更。要確認!
◆自動販売機はなくなります。
◆バンガローは中止しました。
 五頭自然学校さんのコテージ、「生協の家」は宿泊できます➡
◆平日の受付はセルフでお願いします。(初めての方は対応)
◆翌日延長:12時30分まで500円。16時まで1000円。
 ※対応可能な日のみ

◆デイキャンプで宿泊用サイト利用の場合は1000円~対応します。

 ※対応可能な日・サイトのみ
◆貸しテント料金は、サイト使用料が必要となります。
 


 【現在のコロナ対策】

屋外だから安全!ではありません。

バーベキューやテント泊での感染事例が多く出ています。

 

~ご協力願い~
・マスク着用。
・体調不良時は、ご遠慮お願いします。
・取り囲むスタイルのバーベキューはやめ、事前に取り分ける。
・直箸はやめる。
・対面はやめ、近距離・長時間はやめましょう。(特に焚火や食事)
・マイボールペン・スポンジ持参。
・受付・トイレ・炊事場で混雑時を避けること。また手洗い消毒。

・地元温泉利用は、会話無し短時間


繁忙日は駐車有料

 (1滞在駐車料金)
・バイク:500円  普通車:1,000円  大型車:2,000円

<2022年度有料日>
4月:29・30日
5月:1・2・3・4日
7月:16・17・18・23・24・30・31日
8月:土日・祝日・お盆(6・7・11~15・20・21・27・28日) 
9月:17・18・23・24 
・駐車有料日前日宿泊の方は、翌日10時以降滞在される場合は、駐車料金が必要となります。 
・阿賀野市民は無料。(同乗者全員が阿賀野市民。免許書掲示)
・サイト内の札付きスペース使用はキャンプ外でも予約・受付が必要。


◆利用情報◆

【施設】炊事場(3)、東屋(大)(小)、休憩所、 キャンプサイト(森・芝)

 

休憩所は出入り自由。食事や雨宿りにご利用下さい。

(地域情報や本、スケッチブックもあり)

落雷や大雨時の避難にお使い下さい。

お体の不自由な方ご相談下さい➡詳細

・森散策もできる車いす牽引補助装置あり。

・車椅子対応トイレ・エリアあり

◆団体様、ご相談下さい。

◆運び込み・乗り入れ

 一輪車が駐車場にあり。
奥サイトは、運び入れのみ近くまで可。

(川沿い・芝生は乗り入れ不可)
◆携帯・スマホ 通じます。
◆花火 
手持ち花火は可。落ち葉草のない場所で。火の元を確認。ロウは落とさない

◆ペット 野放しにしない。
キャンプは人通りのないサイト指定。
買出し➡詳細

ローソン(車3分)があり。

「ひらせい食品館とホームセンター」
(車15分、安田ICから15分) 


散策や川遊び

●散策・川遊びは出入り自由/無料。
(川沿い散策道際に小型日よけテントは可能)

 川はいこいの森の管理ではありません。
各自の責任の元でご利用ください。

(川・護岸・散策道の草刈り、駐車場・トイレの提供)

「川遊びの注意」参考 ➡

キャンプ利用は要予約

※キャンセル料無料

団体やお体等事情がある方はご相談を。
※バンガローは中止しました。
すぐ近く五頭自然学校さんのコテージ、「生協の家」があります。


  • 基本ネット予約
    (ネットの難しい方、ご相談のある方は連絡)
    前日16時以降でネット予約終了。以降は電話。
  • キャンセルはネットから(前日16時以降のキャンセルはご連絡下さい)

    (連絡先)080-6519-0273
      
    電話またはSMSで連絡
     ※なるべくSMSでお願いします
ダウンロード
五頭山麓いこいの森・利用料金 チラシ.pdf
PDFファイル 507.4 KB

 

(参考)キャンプのマナー基本編(外部サイト)

 

(参考)「いこいの森・利用案内」(外部サイト)

 


大自然に入る時には…。

ここは山。長そで長ズボンが基本。

ズボンの裾は靴下の中。
フードつきの長袖を用意し、虫や冷込みに対応。

蜂や蚊・ブヨ・山ダニ・ヒル・アブがいます。ウルシも生えています。

7月下旬~8月上旬は、アブ対策にウチワなどをご持参。

蜂は黒っぽい色や香水によってきます。
一匹来たら警戒蜂。離れましょう!
アウトドア必須事項」➡

 (山で知っておくべき生き物の詳細)

豊かな大自然を体感できる場所。人のためだけに整備された快適なキャンプ場ではありません。生命あふれる自然に溶け込み、体を動かし、誰の中にも眠っている自然がワクワク、自分らしさが目覚めるキャンプ場です。

〈森の四季〉

4月中旬 

・川上流に桜並木(ご神木辺り)

・下旬には森全体が山桜で萌黄色に。

5月

・新緑よ小鳥の歌声の季節。青い鳥「オオルリ」や赤い「アカショウビン」

6月

・新緑の濃くなる頃。川で「カジカガエル」の美しい鳴き声。

6月下旬~7月上旬

・夜の川周辺にはチラホラ蛍。

・満点の星(橋または臨時駐車場)

・川が気持ちいい!!

9月下旬~11月 

・どんぐりやキノコの季節。

・11月中旬から紅葉で黄色い森。

・雪深く真っ白の銀世界。動物の足跡が沢山。 


「いこいの森の主」は 御神木です

「いこいの森の主」という愛称で親しまれてきた巨木です。

地元・旦飯野神社の神主様からご神木とのことで祀っています。

樹齢数百年、長年ここを生きてきた榎の木です。

護岸工事をされる以前、ここは土石流が繰り返されていました。

その名残の大きな石が森中に見られます。

 

その中を生き抜いてきた「主」

その隣には主が受け止めたかもしれない大きな石が横たわっています。

 

川の上流、霊峰・五頭の見える場所にあります。「主(ぬし)」と空や山々と一緒に気持ちよ~く大きく息をしてみて下さい。きっと自然と繋がり元気になります。主の強さと優しさをぜひ感じてみて下さい。
※毎年春にしめ縄をつけています。
参加されたい方はご連絡を下さい。

 

 

(利用のお願い)

広大な森、多くの生き物の住処です。謙虚に入らせてもらう気持ちでご利用ください。
ずっと木霊(こだま)溢れる森を大切に。生命を伝えていく場、憩い、癒され、元気になる自然回帰の場所として、皆様を自然と一緒にお迎えしたいと思っています。
ここで良い時間が過ごせたら…
ここの森と生き物達に感謝と喜びをお伝えください。


自然の良さを残したキャンプ場を提供したい。

ここは広大な敷地の草刈りや立ち枯れの伐採、枝下しなど、多くの人の手による作業が必要です。人の利用によって大自然を損なわないように丁寧に自然を見ながら手を入れています。(草刈り機でなく手作業の草刈りを主としています)近年は、ゲリラ豪雨により土流出のため土木工事の負担も大きくなってきています。

多くのボランティア的な活動と皆さんの利用料金により維持管理されています。

  森の仲間➡

指定管理者 森のこだま

森のこだまHP (外部サイト)

~ここの自然が好きな仲間で管理~

仲間募集!!


皆が元気になる「五頭自然郷(いつつむりのさと)をつくろう!」と集まりました。

森=多様な生き物。そこに多様な人間が共に…自然と一緒につくる「五頭自然郷」

さてどんな場所になっていくでしょう。
※「いつつむり」とは五つのつむり(頭)。

大正時代まで呼ばれていました。

古来の人たちがこの自然を敬い大切にしてきた「いつつむりのさと」です。

 

 (近況・お知らせ・自然等) 

季節の楽しみや生き物の世界、追加情報を掲載。