五頭山麓いこいの森・事務所   阿賀野市畑江

  • 4月上旬~11月下旬に開園します。火・水・悪天候日休み(ただし散策は自由)。
  • 受付・電話対応:10~16時(繁忙日は9時~17時)
  • 時間外の受付はご相談下さい。
  • 外作業中や受付・電話対応中は、折り返しの電話とさせて頂くことがあります。お急ぎの方は伝言をお残し下さい。(特に繁忙日の午前中は電話多数のため繋がりません)
  • 事務所に常駐していません。ご用の方、ご利用の方は事前に連絡が必要です。
  • ご予約や空き状況の確認は、なるべくネットからお願いいたします。

 

(連絡先)指定管理者「森のこだま」TEL:080-6519-0273

~小さなお子様からお体の不自由な方も。団体様もどうぞ~

五頭(ごず)は古来、「いつつむり」と呼ばれ、修験者の集まる信仰の山でした。ここ五頭の麓、五頭自然郷・五頭温泉郷は古くから人々が集まり、自然と温泉で癒される場所でした。

バリアフリートイレもできました。多くの方々がここの自然に抱かれた、素敵な時間をお過ごしください。

【お知らせ】

  • 冬季間は閉園です。散策のみ可能ですが、熊よけの鈴は必須です。4月7日(土)より利用可能です。
  • ネット予約をご利用ください。ネット予約は3月1日より開始です。日帰りバーベキュー・テント持ち込みの方もお願いします。
  • グループ・団体様・里山ボランティア体験、ご相談ください。
  • 自然体験+温泉+食 のご相談をいたします詳しくはこちら→
  • バーベキュー日中利用、200名。テント宿泊50名まで対応できます。 
  • 車椅子の方や年配の方も利用できます。 お体の不自由な方→
  • 27年度にお問い合わせのあった「指輪の忘れ物」見つかりました。心当たりの方、ご連絡下さい。

 

いこいの森・周辺自然状況は、五頭自然郷ツイッター森のこだまホームページでいち早くお知らせします。

【30年度有料日】

繁忙日は入園有料です。普通車1台1000円。駐車場入口にて受付をしています。

車台数が複数になる場合、ネット予約の「要望欄」に台数のご記入をお願いいたします。

5月:3・4・5  7月:14・15・16・21・22・28・29日

8月:4・5・11・12・13・14・15・18・19日  9月:15・16日

*出入りは自由
*駐車有料日前日宿泊の方は、翌日10時以降滞在される場合は駐車料金が必要となります。


体験・イベント

☆四月中旬は川沿いの桜、下旬は色とりどりの山桜、そして新緑。キャンプにとてもいい季節です。 

 穴場の桜スポットいこいの森→

 

自然体験→

「森の散歩!虫や植物、生き物いっぱいの自然に出会おう!」:500円/一人

「竹で食器づくり。箸・皿・コップだって、自分で作っちゃおう!」:500円~/一人

      :500円/一人(材料代込)指導は別途500円/一人。持ち帰りできます

「自然生活初デビュー!薪準備・火つけ~焚火で料理。テント設営」:500円

      *アドバイスだけで済む場合は、料金は頂きません。

 

    

「ピザ作り」:お手伝いする場合は、500円~

「魚のつかみ取り」:3匹1000円~

*「五頭自然学校」や「アオゾラソラシード」さんでも、登山を始め様々な体験ができます→五頭自然学校

 ●里山手入れ・森の楽しみづくり活動体験

自然と人をつなぐ、みんなが元気になる場所「五頭自然郷」を一緒につくってみませんか。

共同活動日、他随時。自然の中で体を動かし気持ちいい汗を流してみましょう。

 2017年共同活動日:4月2日、6月4日、7月2日、9月17日、11月5日

●癒し体験

「(無料)森のリラクゼーション体験をやっています!」

毎週木曜日(休憩室)座位で約10分無料。全身1000円~。整体・東洋医学の要素を取り入れたリラクゼーション。

ここに来た人は、みんな癒され元気になってもらいたい。自然の中で心身の楽感覚を思い出してすきっかけになれたらと思います。不調を感じる方はぜひどうぞ。全身施術・自己健康ケア講座は随時。

 ●森の散策道のご案内

 いこいの森周辺・広域の散策ができるようになりました。(畑江の森~薬草園~いこいの森~出湯温泉)

3年前より、地元の協力・総勢100名以上の参加により、荒れた里山の手入れをしてきました。

 散策案内はこちら散策道詳細 


こんな時??・・・お問い合わせの前に。

管理人の「森のこだま」だから知っている楽しい里山の楽しみ方をご紹介します。

キャンプと言えば、バーベキュー。でも、初めての場合は何を用意していったらいいか慌てるものです。もし忘れても、レンタルがあるから大丈夫。

テントに泊まって夜空を見上げてみましょう。でも、その前に、テントはちゃんと立てておかないと。

 晴れ予報でも、ここは天気の変わりやすい山です。着替えやタオルを持ってくるなど、雨の準備はしておきましょう。雨が降ってもバーベキューはできるんです!

・50名まで宿泊と雨天時対応。・200名までのバーベキュー利用が可能です。

(カマド50あり。運動広場・東屋と周辺芝生・バンガロー・大型テント利用等)施設案内 

・自然体験・ボランティア体験等、ご相談下さい。

☆宿泊+体験メニュー+食事+温泉 ご希望の内容・料金に合わせてプランを考えます。

☆ご希望の内容・ご予算に合わせてプランをご相談ください。

東屋周辺が団体向きです。雨天時も可能。カマドあり。ご予約できます。

同窓会・お祝い等、仲間との楽しい時間を。幹司さんご相談ください。森での催し開催もご相談下さい。

☆ご希望の内容・ご予算料金に合わせてプランを考えます。

仲間と楽しい時間を過ごしたり、野外パーティーをしたり・・・ご相談ください。森での催しを開催したい方もご相談ください。

近くに五頭温泉郷があります。出湯温泉は散策しながら歩いて15分。宿泊代が大変だけど温泉療養をしたい。そんな方はバンガローをご利用ください。電気ポットやカセットコンロ・炊飯器の貸し出しがあるので、気軽に自炊もできます。コンビニもすぐ近く。食べ処もあります。

いこいの森 充実編

いこいの森 関連リンク

森のこだま

五頭自然郷 Twitter

 いこいの森の自然

 いこいの森利用充実案内

 周辺情報詳細

 森のこだま活動情報

五頭自然学校

アオゾラソラシード

  「熊と森の湯」温泉

木り香

  森の中のギャラリー・カフェ

松ぼっくり

  地元農家。いこいの森の野菜販売

少年自然の家

 


周辺情報

温泉多数。周辺地域(畑江の森・薬草園・出湯温泉)への散策もできます。きれいな水と空気で育った地元の野菜やお米の直売所もあります。

 


アウトドア必須事項」をご覧の上、自然のマナー・山の注意をご確認の上ご利用ください。

(参考)キャンプのマナー基本編

大荒川は自由に楽しんで頂けますが、いこいの森の敷地外です。

自己管理の上、ご利用ください。(「アウトドア必須事項」の川遊びの注意参照) 

大自然初心者の方へ

真夏でも、長そで、長ズボンをご持参ください。ここは山です。整地された芝生のキャンプ場とは違います。冷え込むこともあります。蜂や蚊・ブヨ・山ダニなどの虫がいたり、ウルシもあります。

7月下旬~8月上旬は、若干ですがアブがいます。ウチワなど、はたくものが必要です。

山のお願い

ここ五頭自然郷は、たくさんの生き物の住処です。
サルやクマ・カモシカも住んでます。虫も鳥もたくさん住んでいます。

 

動物のいる「いこいの森」のマナー、よろしくお願いいたします。

  • ゴミの持ち帰り、炊事場の残飯処理
  • 夜、食べ物を外に出さない

 

 生き物たちを驚かさないでね!

  • 大騒ぎや音楽・爆竹や打ち上げ花火は禁止。
  • 夜9時以降は静かにしましょう。

 

 川を汚さないようにお願します。(炊事場の水は泳ぐ川に直接排水です)

  • 洗い物はトイレットペーパーなどでふき取り、灰や自然に負担の少ない洗剤で。
  • カレー類など油料理をなるべく、水を汚さないメニューをお考えください。

 

カマドでの焚火は、薪・枝・落ち葉以外は燃やさないで下さいね。

  • 紙類は、燃え残りがでて周りを汚し、風であちこち飛びます。
  • タバコの吸殻、卵・野菜・貝・アルミ箔等々…粉々になって燃え残ります。

 

必ず火の元の確認を!(種火は風で火が起こり、山火事の発生につながります)

  • 火を使ったのちは、消火のち核炊事場設置の「使い終わり炭入れ」に入れて下さい。
  •  枯草・落ち葉に飛び火しないよう確認、または水を撒いておくと安心です。
  • 種火は風で火災の原因になります。必ず火種が消えたことを確認ののち、炭入れに入れて下さい。

 

 ★施設の利用について★

  • 炊事場のスポンジや洗剤、フィルターを使って下さい。
  • 自然排水です。なるべくふき取り、自然にやさしい洗剤の利用をお願いします。
  • ごみは持ち帰りです。炊事場やかまどは元通り掃除しきれいにしてください。
  • かまどの解体や移動はやめてください。
  • 散策道にテント設営はできません。
  • 団体の設営は、事前にご相談ください。
  • 一輪車が自動販売機横にありますが、駐車場から遠い場合は 、荷物のみの車乗り入れ可とします。事務所に申し出て「乗り入れ許可書」を受け取って下さい。
  • 強風の日は特に、倒木や枝が落ちてきそうな場所に注意してください。
  • 手持ち花火は可能です。ただし火の元に注意。片づけに注意。ロウを落とさない。
  • ペットは他の方に迷惑にならないよう。野放しにしない、離れた場所にするなどお願いします。

 

☆川はいこいの森の敷地外です。各自の責任・管理の元、気をつけて下さい。

サル注意報!! 残飯・ゴミの持ち帰りの徹底を!

お猿さんの大家族がきています。

食べ物を覚えると、人に危害を加える危険が出てきます

  1. ゴミの持ち帰りと炊事場の残飯処理
  2. 夜、食べ物を外に出さない。

 


五頭自然郷をつくる会「森のこだま」が指定管理者です

管理者だから知っている、五頭山麓いこいの森の楽しみ方、周辺情報など、応用編は「森のこだま」のサイトで詳しくご紹介しています。

薪を作って、森の手入れの応援をしてください

  • 薪一束 300円
  • 500円なら積んでいる枝、森から取り放題!ノコギリはお貸しします!
  • さらに、薪を作成してくれたら、薪代無料!

ノコギリの使い方に自信のない方は、注意点を確認してください。

薪作り、やってみよう!→

 

里山は人の手が加わることで維持されます。

山には人の手を加えなければいけない雑木があります。

余力のある方は、薪作りをお願いいたします。

薪を拾って生活の一部として自然空間を維持していたように、キャンプ場を利用するあなたも、薪を伐り、薪を利用して頂くことで、里山を維持する一助となります。

 

また、杉の葉や小枝は、着火剤になります。

販売されているような着火剤の人工物の不快な匂いが、食べ物につきません。 

五頭山麓いこいの森は、自然の良さを残したままのキャンプ場を提供したいと思っています。

区画化されたキャンプ場は、機械的に整備する分、自然の良さが失われます。逆に無料のキャンプ場は荒れ放題になりがちです。

ここは広大な敷地の草刈りや立ち枯れの伐採、枝下しなど多大な作業が必要です。ここの森らしい生態を大切にするため、自然を観察しながら手を入れるので大変な手間がかかります。

近年は、ゲリラ豪雨によって、地面や車道から土が流出してしまい、土木工事の負担も大きくなってきています。

みなさんの利用料金によって五頭山麓いこいの森は維持管理されています。ご理解のほどお願い申し上げます。

森のこだま