万一が起こったら…ケガ・蛇・ハチ・溺れたら…

救急救命講習に、6名で行ってきました。

繰り返し、心肺蘇生を練習してきました。

 

救急救命の常識も時代により変わってくるそうです。参考までに。

・ケガで血が噴き出していたら→とにかく傷口の圧迫

 *上部を縛って血を止めるは不要。

・原因に関係なく呼吸をしていなかったら→心肺蘇生を救急隊が来るまで。

    *人工呼吸できなくても、とにかく心肺蘇生。

   1分100回の早いペース30回、10秒内で人工呼吸2回

・嘔吐するようなら横向き

・水を飲んでいても心肺蘇生

・蛇・ハチに刺されたら安静。動かない。

   *水で洗う、切開、縛るは効果が不明

  全身症状が出るようなら救急へ。

   (じんましん・喉がかすれる、腹部症状等の全身症状)

・骨折をしたら、何でもいいから固定(段ボールや木・紙でも固定できる)

 

これまでのいこいの森救急車の例

・赤ちゃんを車から落とした。    ・日射病  

・川で飛び込みをし下にあった石で足指を骨折

・ゴム飛びしてこけて骨折。     ・ナイフで指を切り大けが

 

入口掲示板に救急時の連絡先を張り出しています。

 

心肺蘇生は重労働です。交代者が必要です。

救助必要者がいたら、みんなで協力しましょう。